指で簡単お絵描きパステル♪

愛知県一宮市でパステル教室をしています

②通信講座と販売ってどうなの?

前記事の続きです。

 

ちょうどその頃

お申込み方法がgmailのみだったので

LINEもあると便利かな?とふと思い

ビジネス用のLINE@を作ったばかりでした。

 

chiki先生がご提案してくださる前に

どうしてもと仰った

関東の他協会講師さん2名に

手書きテキストを送ったことがありました。

 

描き方を文字に興す大変さに

これは無理だとすぐに辞めたんです。

 

でも、そんなに細かくではなく

簡単に箇条書きに描く順序と

色がわかれは良いとのこと。

わからなければLINEで質問する方法なら

なんとか出来そうだなと。

 

但し、手順の流出などの危険も考え

交流があり信頼出来そうな講師さんだけにしよう。

もし、協会からNGを出されたら

すぐ辞めるくらいの気持ちで

とりあえずやってみようと3月から始めてみました。

 

基本は対面講座で

どうしても対面が出来ない講師さん用として。

 

それからもインスタからの盗作は続き

「今月何にも予約がなかったらパステルは辞めよう」と

毎月、毎月そんな気持ちが頭をよぎりながらも

予約がゼロの月はなかったので

おかげ様でなんとか続けて来られ

ハガキサイズで気楽にパステルを描いたりしていました。

 

これを印刷したものを欲しい人っているのかな?と思い

何となくインスタで聞いたら

数人いらっしゃったので

あまり色は綺麗ではないことも伝え

期間限定で作ってみました。

 

数人どころかあっという間に100枚近くご注文があり

最終的には130枚超えたんだったかな?

 

あれ?私の作品、こんなに需要あったっけ?

と、ぽかーん😮という感じで。

 

講座はそこまで需要ないぞ(笑)

 

しかも売る気がそんなにないので

購入の仕方が超わかりづらいのにです。

 

そして、水滴アートの通信のご要望にも応え

私のしょぼくれ手書きテキストが

手作りの方があたたかいと仰ってくれる

優しい講師さんばかりで

通信講座のリピーターさんが

どんどん増えて行きました。

 

そして、カレンダーを作ってみたいけど

どうすればいいのかと調べていたところ

「カレンダー販売予定があれば教えて下さい」

とポストカードを購入された方に言われ

どのくらい需要があるかわからないけれど

 

(10人いれば良いかな。でもポストカードも10枚くらいと思ってたのに、あれだからわかんないな)

と思いながら、ポストカードの反省点を踏まえ

 

印刷ハガキは特厚で色が綺麗に出る用紙。

パソコンでも『標準』から『綺麗』に設定を変え

より自分もお客様にも納得が行くようにと

力も心も込めて作りました。

 

作品は普段の15cm正方形サイズで

カレンダーの為だけに描きました。

 

おかげさまで

予想の4倍以上ご購入いただけました。

 

しかもカレンダーが届いて

興奮が伝わるような感動のメッセージばかりいただき

あれ?私の作品そんなにいいのかな?

社交辞令じゃないかな?

と、疑いたくなるような。

 

販売終了になっても

注文出来ないかと仰っる方もいて。

 

今まで講師に拘って来たけど

作家という選択もありなのかなと。

 

 

 もう少し続きます。